Please!Freeze!Please!1巻のネタバレと感想

Please!Freeze!Please!

 

Please!Freeze!Please!のあらすじ

図書室の暖房が不備な為に寒さに我慢を
強いられる二人の女子校生。

貸出受付を引き受けている彼女たちは都合よく
『カイロ』代わりになる存在を見つける。

偶然にも他の人がいなくなった図書室の受付で
女子校生たちは真ん中に一人の男子を座らせた。

 

しかし、ただ座らせただけではなく、彼の体に
二人ともぴたりと身を寄せ、その体温で冷えを
解消しているのだ。

もともと恥ずかしがり屋の男子校生としては
思い寄らぬ出来事に巻き込まれて顔を真っ赤にする。

だが、その赤らんだ顔が更に赤みを増すことと
なってしまう。

無人の図書室で始まる若い男女の秘め事。

二人の女子校生はそれぞれ違ったスタンスで男子に
迫る。

 

信じられない展開に男子は段階的に女を知れる
という幸運を手にし、二人の女子もこのシチュエーションを
楽しんでいく。

担当教師や他の学生らの目を盗んでエッチを
重ねる日々が続いていく。

女子にもてあそばれるだけの男子にも覚醒の時が訪れ、
やがて神聖だった図書室は彼と彼女たちのラブホへと
変わってしまう。

 

Please!Freeze!Please!の1巻ネタバレ

学校の図書室。二人の女子校生がそこで受付をしている。

寒い冬にヒーター1台だけという暖房に我慢ならず
不満を口にする束見ヨミ。

ロングヘアの彼女は冷え性なのに制服のミニスカート
からのぞかせているのはナマ脚だ。

もう一人は飯田橋栞。タイツを履いている栞は
ヨミにもタイツを薦めるが、逆に今履いているそれの
『透け感』がエロいとヨミに言われてドキリとしてしまう。

 

だが、ドキリとしたのは栞だけではなかった。

言い合いに夢中になっていた彼女らの前に一人の男子が
立っていた。

彼は眉村。茹で蛸のように顔を真っ赤にしている。

女子たちはそんな眉村を見つけるや否や受付の中へと
招き入れた。

眉村はガチガチになっていた。

二人の女子に『人間カイロ』にされてしまっているからだ。

自分の体にべったりと女子校生に、それもいきなり
二人、左右から挟まれるようにくっつかれている。

 

その温もりで女子が幸福感を満喫していたところ、
眉村が急に声を上げてしまう。

彼は二人に自分から離れてほしいと懇願した。

不思議に思う彼女たちに眉村はその訳を明かす。

勃起だ。

女子たちが離れたおかげで眉村は少々ではあるが
落ち着きを取り戻した頃、彼女たちによる
質問攻めが始まると眉村が異性に晩熟であることが
わかるが、それと同時に彼が今気になっている女子も
わかってしまう。

何と、それはヨミと栞だったのだ。

 

女の子に身を寄せられただけでズボン越しにも明確に
わかってしまう程に勃起する眉村。

異性に対する免疫がまったく無く、何でも正直に
打ち明けてしまうピュアな彼に、彼女たちは好感を
抱いてしまう。

 

すると、ヨミが奥にある準備室へと眉村を誘った。

女子に慣れる為と言うヨミは、自分のカラダを
好きなようにしていいとまで口にする。

当然信じられないでいる眉村だが、ヨミはそのきれいな
瞳をじっと彼に注ぎ続ける。

ようやく晩熟の男子の両手がまっすぐな視線の発信元で
あるかわいい女の子へと近づく。

まず髪に頬に指先が触れ、肩から腕へと降りていく。

華奢さと柔らかさが次々と感じられた
ところで、我に返ったかのように眉村は腕を引っ込めた。

そんな眉村にヨミは何も言わない。けれども、彼女は
大きな二つの膨らみにモノを言わせているようだ。

怖がらなくていい、そのまま好きなように触ればいいと
女子のオッパイが言っているかのように存在感を増した。

 

もう堪らない眉村。カーディガンとブラウス越しにヨミの
乳房に全ての指を食い込ませてしまう。

ズボンには我慢汁が滲んでもいた。直に触りたいことを
眉村が願うと、ヨミは微笑みを見せる。

襟にあるリボンをほどき、ブラウスのボタンを外す。

あとは大きな膨らみを包むカップが二つだけ。

なのに、その段階でまた眉村は怯んでしまう。

 

ここでヨミは上半身の着衣を乱したままで眉村に
エッチを促す言葉を投げかけた。

それを耳にした眉村は、いや正確には眉村のチ〇ポが、
雄叫びを上げようとする。

直後、ヨミがチ〇ポにキスをした。すると、それに
タイミングを合わせたのか眉村は射精してしまい、
若い精が女子校生の顔に勢いよく飛び散るのだ。

一区切りついて、眉村は依然として顔が真っ赤なまま、
ヨミはとても満足気だ。

そして、彼女は担当司書が不在となる明後日にまた
エッチしようと眉村を誘う。

だが、そこに割って入る者がいた。

それは、栞。彼女は、明後日は自分の番だと
言い張るのだった。

 

Please!Freeze!Please!の1巻感想

冒頭で『自分は動かないから、好きにしていいよ』派と、
『自分が好きにしたいから、動かないで』派との
2タイプの女の子がいるとの導入があり、明確にタイプ
を分けているからこそ、これからどんなエッチシーンを
見せてくれるのかとてもワクワクさせてくれるスタートです。

図書室に好みの女の子が、それも二人もいて、
彼女たちに請われてカイロ代わりにさせられるだけでも
役得って感じですけど、勃起という言葉にハッとした
女子校生たちにそれを見せて見せてとせがまれて、
それだけで終わらず奥の部屋に連れ込まれて、
何してもいいよって言われるなんて願ったり叶ったりの
超ラッキーなお話です。

登場する女の子はヨミちゃんと栞ちゃんです。

個人的にはメガネっ娘の栞ちゃんの方が好みです。
ヨミちゃんよりも真面目そうですから。でも、そんな
真面目に見える女の子が実はとってもエッチ
好きというのがベストなのです。

第一話はヨミちゃんの方が主体となっていますが、
ヨミちゃんも純粋そうな瞳が印象的でした。

まだここまでは二人とも真っ裸を披露していませんが、
どちらも発育が良いのは間違いないでしょう。

ヨミちゃんは『自分は動かないから、好きにしていいよ』
派です。おっぱいを直に触っていいとのお許しを得たのに
肝心なところで手を引っ込めた男子に、まっすぐ
見つめながら「もっと」と言っちゃえるなんて、とても
素敵な女の子ではないですか。

冷え性なようですから、僕が毎日毎晩ヨミちゃんを
暖めてあげるよと言いたくなります。

 

しかも、オッパイはモミモミできたとはいえブラに
隠れたまま、射精シーンもフェラとまでは
言えない状態での顔射で終わっています。

眉村くんは出しちゃえましたけど、読む側としては
寸止めにされているようなものですね。

顔射でのヨミちゃんのうっとりした表情が大人びて
見えたし、このコはエッチ大好きなのだろうなって
思えて印象深いものでしたが、こちらは
焦らされまくりですよ。

早く第2話に進みたいです。

ヨミちゃんも素敵に思えて、私の中で彼女たちは
同率首位になりましたが、第一印象が好みの栞ちゃんが
どんな風にコーフンさせてくれるのか次への期待を
高めてくれる第1話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました